合宿担当者様必見!!



旅行会社と合宿専門宿が明かす「絶対に失敗しない合宿地探しのポイント」とは?
〜武道合宿編〜



他の合宿に比べて、武道合宿はハードで過酷な稽古になりがちな上、合宿の期間も長く、非常にストレスがたまるものとなりますので、合宿地選びはとても重要です。





毎年、合宿の行先が決まっていればよいのですが、そうでない場合は、合宿先を探さないといけません。行った先の評判が悪ければ、部員や先輩、OBたちに何を言われるかわかりません。合宿担当者さんは頭の痛いところですね。






合宿地選びは、合宿担当者様の腕の見せ所です。沢山のポイントはありますが、最低5つの項目だけチェックしておけば大丈夫なのです。失敗しないためにも、是非一読してください。
(※当宿が合宿地として最適だというわけではありませんのでご了承ください)






合宿先を選ぶ際、大変多くの合宿担当者様が「施設(武道場)が広い事」「宿のすぐ近くに施設(武道場)がある事」をあげています。


続いて、日程、料金、首都圏からの距離、コンパ、旅館、温泉etc...と続いていきます。
合宿は旅行に行くわけではありませんので、多くの担当者様が、まずは稽古を中心に合宿先を選んでいると思います。









合宿地を探した事のある方ならご存知だと思いますが、


『大型武道場(200畳以上)が宿に隣接している宿舎』


・・・ってなかなか見つからないですね。良い条件がそろっているほど良い合宿をおくることができますので、頑張って探すことになりますが、これが本当に根気のいる作業となります。まず、良い宿舎があっても空いていなかったり、空いていても条件が合わなかったり…









自分でやるのが面倒な場合は旅行会社さんにお願いするのが手っ取り早いです。
ネットで検索すればすぐにHITしますので調べてみてください。



※旅行会社に頼む場合は、合宿を専門にしている会社をおすすめいたします。
▲ページトップ






それでは、失敗しない合宿地選び…まず最初のポイントですが、合宿地探しを始める時期です。





良い合宿施設ほど早く埋まってしまうので、できれば1年前がベストです。




1年前というとまだ新入部員も決まっていない時期ですが、最終的な人数の報告は、合宿日の一か月くらい前に宿(又は旅行会社)へ報告すれば大丈夫なので、おおまかな日程で、仮予約を入れておく事をおすすめします。(但し、仮予約のキャンセルは早めにしましょう)






旅行会社にお願いする場合も、この時期が最もよいです。なぜなら、一般的に1年前が一番旅館の予約を取りやすい時期だからです。





しかし、人数が少ないと1年前でもなかなか宿元が予約を受け入れてくれない事があります。




特に8月は宿にとって一番の書き入れ時です。10人程度のお客様より50人100人と人数の多いお客様を受け入れたいと思ってしまうのです。




「1年前に予約したのに(人数が少なくて)断られた」



そのような経験をされている方が実際に多いです。






では、そのような場合でいったいどうしたら良いのか…




二つ提案があります。





まずは、今まで8月に行っていた合宿を思い切って9月に変更してみてはいかがでしょうか。






日程を大幅に変更するのは勇気がいるものですが、9月は8月ほど混雑しないので宿泊先から歓迎される事があります。


少人数の団体様が「8月は断られたのに9月なら予約できた」というケースが多いのです。






9月のほうが涼しいですし、もし検討の余地があるならば是非ご検討をお願いします。
(但し、9月も人気が出ていますのでご予約はお早めに)







少人数だけども、どうしても8月に合宿をしたい方には裏技があります。




それは…







今まで独自に行っていた合宿を『合同合宿』にする。






合同合宿をやるメリットはたくさんあります。





強いチームは、稽古以外でもきちんとしているもので、お互いに学べる部分もありますし、なにより練習試合をすることにより、過酷な武道合宿においてモチベーションアップにつながります。






宿舎によっては、夜は各チームフロア別々にすることもできます。





実際、当館でも合同合宿が急増しております。
合同合宿はおすすめですよ。是非検討してみてください。









ここからが失敗しない合宿地選びの本題になります。






「ホテル(旅館)が見つかった」「近くの体育館も取れた」


「よし、とりあえず合宿先さえ押さえておけばOKだ」 そう思うかもしれません。



…でも、それだけでは駄目なのです。








最後に必ずやらなければならないこと…それは↓↓↓












畳を使用する稽古なら、畳が安全かどうか。床を使用する稽古ならば、床にささくれ等がないか、柔らかさはどうかを必ずチェックしてください。














畳を使う稽古は、畳の種類によって怪我につながります。特に硬い畳は要注意です。できるだけ柔らかい畳がよく、できれば柔道専用畳を採用している稽古場がベストです。






体育館等に畳を敷いて利用する場合は、畳がずれたり、同じ種類の畳でないと段差ができたり、怪我の一因となります。床を使う剣道部は硬い床だと足にマメができてしまいます。







怪我をする確率が高くなると、満足な稽古をする事ができません。これでは、せっかくの合宿が台無しになってしまいます。







できれば現地へ下見に行く事をおすすめしますが、無理なら合宿地に「畳は柔らかいですか?」と尋ねるだけでも効果的です。即答で「大丈夫です」と言われたらほぼ問題ないと思いますが、万が一「普通の畳です」とか「よくわからない」等と言われましたら下見に行ってみたほうがいいでしょう。
▲ページトップ





又、宿泊料金は、とても重要な判断基準ですが、失敗しやすい選択の最も高い項目です。




「安さで合宿先を選んだが、失敗した」「畳がかたくて怪我をしてしまった」「道場まで遠かった」等と言う声が非常に多いです。






怪我がつきまとい、稽古でストレスの多い武道系の合宿では、宿泊代金の安さで合宿先を選ぶのは絶対にやめましょう。



特に合宿の期間が5日間以上と長い場合は、行ってから後悔しても時すでに遅く、ストレスを抱えたまま最終日まで稽古をする羽目になります。









合宿成功の秘訣は、「怪我をしにくい環境での稽古(怪我の回避)」と「宿泊施設側との連携」です。







旅館だけが良くても合宿は成功しません。






安全な道場で稽古をし、宿泊先である旅館側が洗濯や食事、その他のサポートを全面的に協力してくれる事で、満足で快適な合宿をおくる事ができるようになります。








そして、満足な合宿を行う事で、試合などで成果を出せるようになるのです。
▲ページトップ








それでは、絶対失敗しない合宿地選び 5つのポイントです。









【絶対失敗しない合宿地選び 5つのポイントとは〜武道合宿編〜】


◆優先順位1.道場の設備と道場までの距離(道場に荷物を置いたままにできるかもチェック)

畳が柔らかいか必ず確認する。畳が固いと怪我を恐れて思い切り稽古ができない。


また、稽古場まで送迎バスを使うケースは、あまりお勧めできません。


下級生が先に行って準備をしたり、自主練などで急に使いたい時や、うっかり部屋に忘れ物をしてしまった等、時間にシビアな武道系合宿では、稽古場は近いに越したことはないのです。


特に朝忙しい1年生は、ただでさえ不慣れなのに、バタバタしていて茶具を忘れたなどありがちですね。










◆優先順位2.宿舎が貸切になっているか

他にお客様がいたら色々と気を使わなければいけません。
師範やOBたちがお風呂に入りたいのに、他団体がいたら入れないこともあります。











◆優先順位3.洗濯物が乾くか

洗濯機の数が多いほどよく、乾燥室があるとなお良いです。









◆優先順位4.冷蔵庫、製氷機が自由に利用できるか

いちいち宿に確認する手間がないほうがいいです。










◆優先順位5.怪我人が出た時の病院への搬送(宿がやってくれるのか、バス等で行くのか)


病院が歩いて行ける場所にあればいいのですが、ほとんどの合宿地がそうではないと思ってください。








以上の5項目が、失敗しない合宿先選び最低限のチェック事項です。










この5項目が全てクリアできていれば、その他、宿の対応や設備等に多少問題があってもあまり気にならないでしょう。







それでも、この5項目をクリアするのはなかなか難しいかもしれません。







基本は道場>宿泊施設です。


全ての項目が満たされていなくても、道場の設備と道場までの距離を最優先に。

これは武道系に限らず、スタジオや体育館等利用のクラブにも共通する事項です。







まずは練習場(稽古場)を最優先。練習場さえ良ければ他は目を閉じる事ができるものです。他の条件が悪くてもそこを最優先して合宿地を選んでください。









又、より完璧を求められるならば、道場の風通しをチェックしたほうがいいです。
合宿は真夏のとても暑い時期に行われますので、風通しはとても大事なポイントになります。


窓が少なく、喚起も悪ければ、道場内が蒸し風呂状態になる可能性があります。そのような道場で稽古を始めたら、とたんにばててしまい、稽古どころではなくなってしまいます。
▲ページトップ





可能なら下見に行く事をおすすめします。下見についてはお気軽に宿泊先へ相談してみてください。交通費は自腹になりますが宿によっては無料で宿泊できる事もありますので、日帰りはきついという方は相談してみてください。満足のいく合宿を目指すなら是非現地へ下見に行きましょう。







この下見につきましても、いつでも良いというわけではありません。








できるだけ自分たちが合宿を行う日程と近い日程で行くのがモアベストです。つまり、やはり下見も1年前が良い、という事になります。









なぜかというと、実際に自分たちが行く合宿当日の気温や武道場内の風通し等がリアルに体感できるからです。さらに、まさに宿元が合宿を受け入れている期間でもあるので、宿舎側の対応も一目瞭然となります。







又、下見に行って施設が気に入らなかった場合は、仮予約をキャンセルできます。1年前なので、宿舎にも迷惑をかける事がありませんのでご安心ください。1年前なら余裕をもって次の合宿地を探す事ができます。








最後に、合宿当日ですが、買い出しや、病院への搬送など、車が1台あると非常に便利です。
可能なら、どなたか車を出す方を決めておきましょう。





以上をもちまして、絶対失敗しない合宿地選びを終了いたします。







ここで申し上げた事項を、できる限り近づける事により合宿は必ず成功いたします。






ここまでかなりの長文をお読みになられた貴方でしたらきっと大丈夫です。




是非、満足な合宿をし、合宿の成果をいかして試合等に望んでください。
皆様の合宿が成功しますよう心より願っております。がんばってくださいね!





最後までお読みいただき、ありがとうございました。

▲ページトップ












〜ここからは宿の紹介になります〜


当館は合宿専門の宿です。(※冬季除く)
その中でも武道系のお客様を専門に受け入れています。より良いサービス向上のため、基本、1団体様で宿を貸し切りにて対応させていただいております。





畳はクッション性を重視した柔道専用畳(※1)を使用し、じゅうぶんなスペースで稽古ができるよう200畳の広さがあります。



武道場まで移動するロスタイムがほとんどないので早朝、昼間、夜間(※2)を問わず稽古以外の自主練もすぐに行うことができますし、畳は既に敷いてある状態なので、面倒な畳敷きや、合宿終了時の畳上げなどもありません。



旅館側としても、皆様が満足できるよう精一杯協力させていただきます。





シュライン新宅で合宿後、試合等で結果を出せたお客様から続々お喜びの声をいただいております。うれしい限りです!





万が一、予算が合わない場合は、相談に応じますので、昨年の合宿予算を教えてくださいね。







まずはお気軽にお問い合わせください。オーナー夫妻は二人とも元旅行会社の社員でした。旅行会社様からのお問い合わせも大歓迎です。



国士舘大学様・拓殖大学様躰道部ご一行様のホームページに当館の合宿レポートがありました。ありがとうございます。(※当時の代表者様にリンク許可を頂いております)



武道系の合宿先をお探しのお客様、是非、当館での合宿をご検討ください。お待ちしております!
▲ページトップ




◆どんな宿舎なのか?◆
宿舎は新しくありません。ホテルや温泉旅館ではなく、田舎の小さな温泉宿です。お風呂、トイレ、洗面は共同になります。合宿所のイメージでお越しください。皆さまの合宿が成功するよう真心込めて対応させていただきます。

◆特典一例◆
合宿の息抜きに期間中一度、専用バーベキュー場にて夕食をバーベキューに無料チェンジできます。
(※大型ガスコンロでの鉄板焼きとなります)

◆場所◆
「戸狩って遠いんじゃない?」とお考えの皆様、上信越道豊田飯山ICより車で30分、高速道路の発展により首都圏からも決して遠い距離ではありません。新幹線でお越しのお客様は最寄りの駅から宿まで送迎致します。



※1…化成品柔道畳 『クラッセ』
全日本柔道連盟公認柔道畳。
柔道のトップ選手を育ててきた中学・高校・大学等の柔道場に多く採用され、高い安全性と実績ある化成品柔道畳です。
合気道や躰道、拳法、テコンドー等、又、各種格闘技用としても多くのユーザーから支持を受けている化成品畳です。


※2…道場の使用は6時〜22時まで利用可能です。(6時〜7時 21時〜22時は声出し稽古不可)


▲ページトップ

柔らかい柔道専用畳を使用。床の木質も柔らかいので更に怪我しにくい仕様。

移動のロスタイムなし。

洗濯機6台。雨天時はロビーで乾かせます。

稽古の後はいつでも入浴可能です。
(要予約/入湯税別途)

炊きたてのおいしい自家製米を使用。とても美味しいご飯です。
当館では毎年たくさんの米を作っています。山の湧き水が田んぼに流れ込んでいるので、とてもおいしいお米が作れます。JA米品質評価で食味ランクが最高評価のSランクを得ています。当館自慢のコシヒカリ米をお泊りの全てのお客様へお出ししております。毎回、炊きたての美味しいご飯が食べられます。
期間中1回夕食を野外バーベキューにチェンジできます。肉は地元名物みゆきポーク、炊きたてコシヒカリおにぎり、ヤキソバ等。沢山食べて練習の成果を上げてくださいね!当館のバーベキュー場は芝の上で出来ます。(大型ガスコンロ使用)
▲大型バスは宿の前に停車できます。合宿は荷物が多いですから、荷物の移動も楽にできます♪
▲当館常連様の成蹊中高柔道部ご一行様。御担当の先生がとても熱心ですばらしいクラブだと思います。ご活躍を心より祈っております。今後のご活躍を期待しています。(※画像アップを了承頂いております)
▲畳を外した状態

シュライン新宅トレーニングジム
下記のウエイトマシンがあります
※トレーニングの事故、怪我など充分お気をつけご利用ください
BODYMAKERマルチマックス2
20種類以上のトレーニングがおこなえる機能を搭載しています。ウエイトは1枚5kgが10枚あり、ピン一本でウエイト調整が可能です。
BODYMAKERチン&ディップススタンド
このスタンドは、チンニング用のバーが高く設定されているのでスムーズにチンニングをおこなうことが可能です。また、ヒジパットに角度がついているため、レッグレイズの際に上半身を支えやすい設計になっています。腹筋や背筋に的を絞って鍛えるのに有効的です。
BODYMAKERダンベル
ラバーダンベル60kgセット。ラバーローリング式ダンベル20kgセット。
エアロバイク
ウオーミングアップ、クールダウンにご利用ください。
FIGHTING ROADキングofベンチ×2台
ベンチプレスに加え、腕・足・腹などを鍛える複数のトレーニングが可能なベンチです。バーベルのウエイトはMAX50kg×2台あります。(セーフティスタンドあり)
BODYMAKERプリチャーカールベンチ
上腕筋を鍛えるアームカールベンチ。正しい姿勢が保たれ効率よく上腕をトレーニングできます。
シットアップベンチ
パッドの位置調整も簡単に調整できるシットアップベンチ

1泊3食
※税別
詳しくは合宿プラン


▲ページトップ
シュライン新宅

〒389-2411長野県飯山市戸狩温泉
TEL
 0269-65-2138
FAX 0269-65-4183
http://www.shurain.com/
shurain@shurain.com